こんにちわ!篠崎です。

今回はシリコンバレー9日目、実質研修最終日の様子をお送りします!

▼9日目のスケジュール
Uber移動
Google社内テラスでランチ
日本語プレゼンレビュー
ホテルに戻って最終プレゼンレビュー
フェアウェルディナー

UberでGoogleへ

GoogleではTechnical Program Managerの内藤さんが案内してくださいました。

Googleで早速記念撮影

まずはとっても広い敷地内を移動して、ランチエリアへ
Google敷地内移動専用のオリジナルデザインの自転車もありました

Googleカラーの自転車!可愛い!

内藤さんがテラス席を予約してくれていたので、外で太陽に当たりながらランチしました。ランチはビュッフェ形式でソフトクリームもありました

ソフトクリームを食べる内藤さんの笑顔が素敵!

研修中最後の日本語プレゼン

ランチ後、会議室に移動してプレゼンFBをもらいます。
ここでは日本語でプレゼンを行いました。

まずはロック、まーくんチーム

康太、まおチーム

しいかチーム

FBを受け取り、ホテルへ戻ります。

最終プレゼンが始まるまでできる限りワークを進めます。
英語メンタリングを入れたり、スライド内容を直したり…
あっという間に最終プレゼン開始時間になりました。

研修中最後の英語プレゼン

最終プレゼン発表には、シリコンバレー滞在中にお世話になった、
バスツアーとホテルの手配などをしてくれた山谷さん
WiLでデザイン思考を教えてくださった鹿島建設の江上さん
Frogsを応援してくださっているBayHub Technologyの赤木さん
TakeoffPointのスタートアップ経験で気づいたことなどを教えてくれた石川さん
がFBをくださいました。

山谷さん
赤木さんと石川さん
鹿島建設の江上さん、Ezofrogsの徳山さんと小川さん

研修中の経験で様々なことを吸収し続けた結果、毎日のようにサービス内容も変化してきました。
プレゼンに挑む顔つきも気合が入っています。人間としても大幅に成長しているように見えます。

泣いても笑ってもこれが最後のプレゼン。最終プレゼンは英語で行います。

Hitachifrogsのトップバッターはしいかチームです。

続いてロック、まーくんチーム。

最後に康太、真桜チーム。

プレゼンが終わり、ディナーまで少し時間があったので
ギリギリまで時間を使ってそれぞれゲストの方へ相談やより詳しいFBをもらいに行ってました。

滞在中最後のディナー

近くの日本食レストランへ移動してフェアウェルディナーへ

WiLの琴さんもディナーに駆けつけてくれました

シリコンバレー研修期間中、誰にお会いしても感じていたことですが、人間愛に溢れた方ばかりだなと改めて思いました。
選抜生に対して日本の学生ではなく、ビジネスを考える1人の大人として本気で向き合ってくださっているなと。

本気で生きてる大人の思いの連鎖を感じました。Frogsの絆はとても熱いものだなと。
あんまりリアルな話を出すのもあれですが、ゲストに招いて講義をしていただくのに普通なら〇〇万円するような方達がFrogsの活動を応援、サポートしているからという理由で時間を作って膝をつき合わせていろんな話をしてくれるのです。
こんな幸せなことありません。

その輪の中で目一杯サポート、応援されながら研修を受ける選抜生たち。
この環境に感動しながら、毎日夜遅くまで作業をしていました。
滞在中ほとんど寝不足な毎日で、自分を乗り越えられない辛い日もありましたが、毎日貪欲に吸収する日々でした。

ディナーでは少しホッとしたのか、いつもの素の顔に戻っていたように思います笑

ディナーの最後に感謝

最後にシリコンバレー研修を乗り越えての率直な思いを一人一人伝えました。
感極まり涙ながらに話す選抜生もいました。

メンターも感極まっていろんな思いに溢れていました。
お世話になった方々に本当に感謝です。
これから本当の戦いがスタートします。

ホテルに戻り、改めてシリコンバレー研修を通しての個人の振り返り時間がありました。
毎日自分は何点だったか、昨日とどう違ったか、明日はどうしていくかを決めていたのですが、今日はシリコンバレー研修全体を通しての振り返りと日本に帰ってからの目標などをメンバーで共有しました。
そちらの内容は一人一人次回ブログでお伝えできればと思います。

次回はいよいよ帰国です。 更新お楽しみに!

篠崎